2018-11-06
カテゴリトップ > その他
ADVANTAGE アドバンテージ ディスクローター DIRECT DRIVE レーシングディスク(セミレーシング) CBR250RR (2017)■商品番号
5910-H3151-06

■JANコード
4580340044095

■商品概要
フロント用
Φ310-t5.0mm
素材:ステンレス

■適合車種
▼HONDA
CBR250RR (2017) フロント用

■詳細説明
●特徴●
アドバンテージでは長年のレース経験から特殊ステンレスSCSを使用し、高温での軟化抵抗及び高耐熱ステンレスブレーキディスク材を使用して製品を製作しています。
このブレーキは作られた当時から、ロードレースではMotoGPを主戦場とし、モトクロスでも限界のテストを繰り返し行ってきました。
Advantage DIRECT DRIVE RACING DISCの大きな特徴は、インナーローターとアウターローターを結ぶフローティングピンの形状にあります。
インナーとアウターの支持を点ではなく面とすることで、ディスクローターのひずみを抑え焼けや熱の問題をクリアしています。
制動力、コントロール性なども各ライダーから高い評価を得ています。
最大の特徴は従来のデザインと大きく違い、フローティングピン部分の形状が丸いピン式では無く、アウターローターから直接出たピン部分に当たるプレート形状の物です。
この事により側面に関しては、回転時も面でディスクプレートがインナーの面に当たる事から円形のフローティングピンのようにピンポイントでディスクインナーに当たる事が無く、インナー自体の耐久性を大幅に上げると共に、ブレーキのタッチがしっかりと真綿で締めるように、握ったら握るだけ利く様にリニアに反応します。
モトクロスにおいて、ブレーキ自体はサスペンションの役目もします。
ロードシーンにおいてもそのしなり自体コントロールする事で、パニックブレーキを掛けた場合でもフロントがロックする事無く制動をし、コーナーの飛び込みにおいてはブレーキ勝負となる場合にも、タイヤが路面に食い付き滑る事無くイン側に飛び込めます。
ストレートのブレーキングに起きましても、フロントが滑らない為、ライダーの安心感や体力疲労を防いでくれます。
アドバンテージはT型形状のフローティングシステムを考案しました。
また特殊な形状から熱歪を起こしにくく、またヒートしてローターの逃げ場が無くなった場合でも、ラジアル(縦)方向には逃げがあり、ローターをひずますことがありません。
ローターは回転していますが、その加重は側面がストレート形状の為、ディスクインナーにダメージやライダーに違和感を伝える事はありません。
また熱処理もアドバンテージ独特の熱処理が施され、耐久性を大幅にアップしています。

■注意点
※1枚必要です。

【送料無料】ブレーキ CBR250RR (2017) ADVANTAGE アドバンテージ 5910-H3151-06
当店通常価格81,000円 (税込)
価格
81,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
メーカー在庫確認後、発送日は別途ご連絡
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く